VIO脱毛に通いたいけれど恥ずかしいという方に伝えたい脱毛サロン環境や対策

デリケートゾーンのムダ毛処理。

自分でしても綺麗に仕上がらなかったり、肌がかぶれてしまったりという経験をお持ちの方が多いでしょう。

だからこそ、脱毛サロンのVIO脱毛がオススメなんです。

とはいえ、きわどい部位を見せることになるので、恥ずかしいと感じて二の足を踏んでしまいがちですよね。

出来るだけ気にせずに脱毛サロンで施術家受ける方法というものはあるのでしょうか。

ここでは、いくつかの方法をご紹介します。

施術スタイルを自分で選んで恥ずかしくない環境を作る

脱毛サロンを選ぶ際、性別に合わせたサロンを選んでみてください。

女性専用・男性専用サロンであれば、周りの人の目も全く気になりません。

スタッフ全員が同性というところも増えているんです。

性別が同じだということで恥ずかしさは少し軽減されるでしょう。

また、施術スタッフを毎回指名できるというのも良いシステムですので、活用してみてください。

恥ずかしいと感じがちなVIO脱毛も、同じ人が毎回担当してくれるだけで随分と変わってくるものです。

そして個室があるかどうかもポイントです。

半個室・個室のどちらかが多い脱毛サロン。

恥ずかしさが強い場合には、個室があるサロンを選ぶのが良いでしょう。

VIO脱毛に対する知識を持つと恥ずかしさがなくなる

  • VIO脱毛はデリケートゾーンを全て見せなくてはならない
  • 裸に近い状態で脱毛を受けなくてはいけない

そんなイメージを抱いていませんか?

VIO脱毛施術は、部位をすべて出すというわけではないんです。

では、どのような施術方法なのでしょうか。

サロンによって多少は異なりますが、使い捨ての紙パンツを用意してくれていたり、専用ローブを用意してくれていることが大半です。

施術前のお仕度段階で、各自それを着用します。

施術時、パンツやローブを少しずらすようにして施術を行います。

もし、「見せる」という事に抵抗感や恥ずかしさを抱いているようであれば、知識を持つことによって解消されるかもしれません。

毛量が多い人だからこそ感じる恥ずかしさ

毛量が多いという方だからこそ感じる恥ずかしさというものがあります。

スタッフに毛深いと思われたらどうしようという不安感です。

ムダ毛をきれいにしたいという気持ちをもってVIO脱毛をするわけですから、脱毛サロンに訪れる方全員が同じ悩みを抱えているとも考えられます。

ですから、自分だけ特異だと不安になる必要は全くありません。

スタッフも、年間を通せば何千もの施術を行っています。

そして、利用者を少しでも満足度の高い状態にしたいと考えています。

最初は恥ずかしさが多少はあるかもしれませんが、通っていくうちに慣れてくるでしょう。

事前にシェーピングを行いたいという場合

脱毛サロンに行く前に簡単な自己処理をしたい。

それが「シェービング」という行為になります。

ある程度のシェービングを求められる場合にはもちろん、処理していただいて構いません。

できればサロンに行く「前日」までに済ませておきましょう。

毛抜きで処理をすると皮膚に大きな負担がかかってしまいますから、シェーバーなどを利用してください。

ただ注意をしておきたい点もあります。

それは、肌に傷をつけない事です。

傷の状態次第ではありますが、施術が受けられなくなる可能性も出てきてしまいます。

また、サロン側でVIO脱毛の際のシェービングは不要もしくは禁止としているようならば、その条件に従わなくてはなりません。

シェービングについては、無料カウンセリングの段階から質問をすることもできますので聞いてみるのも安心ですね。

無料カウンセリングで相談をしてみよう

どのような脱毛サロンでも無料カウンセリングが実施されています。

受けたからといって必ず契約をしなくてはならない決まりはありませんから、気軽に足を運んでみましょう。

いくつかのサロンを比較して「最も恥ずかしくない環境がある」と感じたところを選ぶのも良いでしょう。

また、VIO脱毛時の施術方法など詳しく聞いてみてください。

「恥ずかしさがある」とストレートに相談をするのも、伝わりやすくなります。

恥ずかしさを感じる必要は一切ありません!

特に初めて脱毛をするという場合には恥ずかしいと感じてしまいやすいものですよね。

しかし、そう感じる必要は一切ないんです。

対策をしっかり行ってくれているサロンも多いですし、スタッフは「綺麗になってもらいたい」という思いで施術をしています。

ぜひとも、その一歩を踏み出してより綺麗な自分を目指してくださいね。